150415342006_TP_V

HDMIキャプチャとは、
映像再生機器からHDMIケーブルで映像を出力し、
HDMI端子対応キャプチャボードなどの専用録画機器で映像を録画することをいいます。

主にゲーム実況録画で使われるキャプチャボードですがHDMIでキャプチャをすることにより無劣化で映像を録画でき、また、コレ1つで映像と音声両方を出力できるのがHDMIキャプチャの強みです。

HDMIキャプチャボードだけでもいろいろなものが登場しています。
せっかくキャプチャボードを購入するのであればなるべくいいものを選びたいのが事実。

今回はキャプチャボードを選ぶポイントをまとめてみましたので参考にしてみてください。

HDMIキャプチャボードを選ぶうえでまず知っておくべきこと

HDMIキャプチャは非常に便利なのですが、
HDMIでのキャプチャにはHDCPという規制がかかります。

HDCPとはデジタルコンテンツにかかるプロテクトのことで、
コレのおかげで映像の出力が正常に行われなかったり、録画ができなかったりするわけです。

video-controller-336657_640

以下の機器ではこのHDCPを機器側で解除することが可能です。

  • PS4
  • Xbox one
  • Wii U

これらの機器の場合は機器側の設定でHDCPを解除できるため、HDMIキャプチャボードでのHDMIキャプチャが可能です。

上記以外のPS3やレコーダーなどその多くがHDMIキャプチャではHDCPがかかり、正常にHDMIで映像出力ができなくなります。もちろん録画もできません。

HDCPを解除できるキャプチャボードは存在しない

そして、このHDCPの解除機能を搭載したHDMIキャプチャボードも存在しないと思ってください。なぜなら、HDCPを解除することは違法行為にあたるからです。

0I9A7044_TP_V

なのでHDCPを解除できるHDMIキャプチャボードを販売すること自体ができないのです。

ちなみにHDCPはHDMIスプリッターやHDMI分配器を利用することで解除が可能です。PS3などでHDMIキャプチャを行っている人はこのスプリッターを使ってプロテクトを解除しているのです。もちろん、このプロテクト解除行為も違法になります。(自己責任でお願いします

そのため、HDMIキャプチャをする際は、
キャプチャをする機器がどのような端子に対応しているか、
HDCPがかかるかどうかを考え、HDMIかアナログでの接続かを切り替える必要があります。

HDMIキャプチャボードの選び方

HDMIキャプチャボードは2タイプある

HDMIキャプチャをするためには専用の録画機器が必要になります。
そして、これらのことを総称してキャプチャボードといいます。

キャプチャボードは数多くありますが、
大きく分けて2つのタイプがあります。

PCに録画ソフトをインストールしてPC画面で録画する方法と、
PCを利用せずにキャプチャボードだけで録画をする方法です。

PCで録画を行うタイプのメリット・デメリット

PCに録画ソフトをインストールし、
PC画面で録画する方法が最もポピュラーになりますが、
この方法はそれなりのPC環境が必要であり、
またMacユーザーなどは互換性があるか確認する必要があります。

portable-789358_960_720

PC環境によってはラグやカクつきなどが録画画面に発生するので、
これらが解消できるCPUなどが必要です。

しかし、専用の録画ソフトを使うので、
録画中の映像・音声など細かな設定などができるのはこちらのタイプといえるでしょう。

また、テレビやモニターを持っていない方は、
PC画面に映像を表示できるので、PC画面での映像視認・録画が可能です。

PCを利用せずに録画するタイプのメリット・デメリット

このタイプのキャプチャボードの最大のメリットは、
PCを使わないことにあります。

tukaikata23
そのため、PCの環境に左右されず録画ができます。ラグも生じません。
また、接続も再生機器とモニターの間に挟むだけなので、
PC録画タイプよりも簡単に録画ができます。
しかし、録画に関する細かな映像色調設定などは行えません。

こちらのタイプは、
PC性能に不安がある人、PC操作が不慣れな人におすすめです。

Main

>>>PC録画も可能なPC不要のキャプチャボード EzCAP HD

HDMIキャプチャボードを選ぶポイント

自分がどんな機器映像をHDMIキャプチャしたいのか、
これによってキャプチャボードを選択するべきですが…

HDMIキャプチャだけでなく、
アナログ端子にも対応しているキャプチャボードを選んだほうがよいでしょう。

video-1223304_960_720

アナログ端子に対応していれば、
DVD、VHS。ゲーム録画であれば、SFC、PSなどのレトロゲームの録画もできます。

また、保存される映像の動画形式も確認すべきです。
一番ベターなのがMP4での保存でしょう。

youtube-1158693_960_720

映画の録画であれば、そのまま、iPadなどのタブレット再生が可能です。
また、ゲーム実況目的ならば、MP4であればそのままYoutube、ニコニコにUPできます。
保存された動画は変換や動画編集をすることでどんどん劣化していくので、
なるべく変換の回数を減らしたほうがいいわけですね。

当サイトおすすめのキャプチャボード

headerEzCAP HDというキャプチャボードは、PCを使わずに映像を録画できるキャプチャボードになっています。これならMacユーザーやPCスペックに不安がある人でもキャプチャが可能です。録画も本体のボタンを押すことによって録画開始/停止ができます。

ezhd_stepimg03また、保存された動画はMP4形式でHDMIだけでなくコンポーネント、コンポジット端子も対応しています。ゲーム実況目的ならばSFCやPSなどの旧ゲームハード。DVDやBD映像録画目的ならばVHSなど多くの映像を録画保存が可能です。

>>>USBにMP4保存してくれるアナログ端子対応HDMIキャプチャボード EzCAP HD

>>>スマホ録画アプリ連動 HDMIキャプチャボード VersaCAP HD

まとめ

キャプチャボードは今、ゲーム実況録画機材としてだけでなく、
リッピング違法化によりDVD・BDコピー機材としての利用価値も高まっています。

ezhd_stepimg01

キャプチャボードは出力さえできれば、あらゆる映像を録画できる機器なので、
使い方次第でいろいろできる強みがあると思います。

今回紹介したキャプチャボードの公式ページ
http://www.internal.co.jp/products/hardware/easycaphd/about/

《汎用性の高いHDMIキャプチャボード》

EzCAP HD ブログ素材

アナログ接続端子が搭載されているからいろいろな機器と接続可能!!
PCを使わないから映像のラグも気にならない!!

PCを使わないで本体ボタンを押すだけの直感操作!!保存動画はMP4!!

  • いろいろな機器でゲーム実況動画を作成したい
  • コピーガードを解除せずDVDをコピーしたい
  • PCをもっていない or Macユーザー
  • スマホで映像を見たい

EzCAP HDならそれが可能です

>>>EzCAP HD公式サイト<<<

HDMI

HDMIの映像をキャプチャして動画ファイルにすれば
映像のコピーを保存したり、編集に使ったり、アップロードできますよね。

しかしHDMIのキャプチャの仕方が分からないという人が結構います。

 EzCAP HDでHDMIキャプチャ

ここで紹介するのはEzCAP HDを使ってHDMIのキャプチャをする方法です。

EzCAP HDをこんな感じに接続します。

P1310267

※画像はコンポーネント接続ですが、HDMI入力もあります。

========
HDMI再生機器(出力) ⇒ (入力)EzCAP HD (出力) ⇒ (入力)テレビ
(PCモニターでも可)
========

>>EzCAP HDのホームページ

使い方:
tukaikata23

1. USBメモリースティック、あるいは外付けHDDをEzCAP HDに接続。

2. それぞれの機器に電源を入れ、HDMIの映像を再生してテレビ画面で確認します。

3. 映像の好きなタイミングでEzCAP HDの「REC」ボタンを押す。

 

これでUSBメモリースティック、あるいは外付けHDDに
HDMIの映像が動画ファイル(.mp4)で保存されています。

 

EzCAP HDのすごいところ

・録画にPCが必要ない

workstation-405747_640
通常のHDMIキャプチャボードはPCに録画ソフトをインストールし、
PC上で録画を行います。
ただ、これだとPCの性能によって録画が正常にできなかったり、
Macに対応しているかどうかなどを確認しなくてはいけません。

EzCAP HDは録画にPC自体が要らないので、
MacユーザーもPCを持っていない人でも映像キャプチャができるのは強みですね。

・HDMI コンポーネント コンポジットに対応

IMG_1137
HDMIキャプチャはもちろん、アナログ接続にも対応してるので、
VHSやゲーム映像の録画もできます。
古い再生機器などにはHDMIが搭載されていないものもあるので、
対応端子数が多いのは便利ですね。

・MP4動画でキャプチャ保存

iphone-324781_640
キャプチャされた動画はMP4で保存されます。
意外にUSBにMP4で直変換してくれるキャプチャボードはないので、
けっこうこれは大きな特徴かもしれません。

MP4ならそのままiPhoneに入れて再生が可能です。

キャプチャできない場合

HDMIの映像はキャプチャできないものもあります。
コレはHDCPというプロテクトによる制限です。

この場合どうしたらいいのか。

HDMIの映像をアナログで出力できればEzCAP HDでキャプチャできるようになります。

おすすめの出力方法は[赤・青・緑・]のコンポーネント線です。
HDMIと比べ画質は多少衰えますが、

実際にはそれほど大きな変化はありません。

こちらの動画を見て比較してみてください。

 

EzCAP HDの詳細はこちらをご確認ください。

>>EzCAP HDのホームページ

header

 

 

HDMI

HDMIキャプチャは映像を高画質に録画するために非常に有用な機器になります。

しかし、HDMIキャプチャには多くの規制があり、現在はPS4などのゲーム録画のみに対応しているといっても過言ではありません。

women-1209678_960_720

地デジなどのキャプチャは法律的に違法行為になることもあるので注意が必要です。今日はここについて話していきます。

地デジをHDMIキャプチャするのは違法行為??

著作権法改正と地デジの普及

まず、大前提にあるのが2012年の著作権法改正です。この改正により『DVDなどのプロテクトを解除する行為』は違法となりました。

これにより、リッピングソフト全般の利用が違法になり、現在までにどんどんリッピングソフトが縮小されているのは周知のとおりです。プロテクト未搭載のDVDについてはリッピング可能です。

この著作権法改正と同時期に地上デジタル放送が普及しました。

この地デジの規制はとても複雑で、多くのサイトでも言及されていますが、まず、地デジを録画したDVDをコピーすることは通常ではできません。ここにはダビング10などのプロテクトがかかっています。さらにはCPRMというコピーコントロールもかかっているためこれを解除することは違法になるばかりか解除できる機能を持つリッピングソフトもごく一部に限られています。

地デジをキャプチャするという新しい映像コピー方法

リッピングソフトの代行策として出てきたのがHDMIキャプチャに代表されるキャプチャボードによる映像保存方法です。

IMG_2661

キャプチャ方法にはアナログでの接続とHDMIによる接続がありますが、より高画質・高解像度で行えるHDMIキャプチャがキャプチャボードの代表格となっています。

そして、このHDMIキャプチャで地デジを録画しようとすると、なんとできません。

HDCP

そうなんです。なんとここにもプロテクトがかかってるんです。それがHDMIキャプチャにかかる出力規制HDCPです。このサイトでも何度も取り上げているやつですね。

HDCPは映像機器側のHDMI出力にかかるもので、厳密にどれがOKでどれがダメかというのは分かりません。しかし、現行で販売されているHDMI端子搭載機器にはもれなくHDCPが搭載されているといってもいいでしょう。

そして、もちろん、このHDCPを解除する行為は違法行為になります。

そのために当サイトでは、出力に規制のかかっていないアナログ端子も搭載したキャプチャボードを推奨しているというわけなんですね。

関連記事:HDMIキャプチャボードを選ぶポイントまとめ

まとめ

現時点でHDMIキャプチャでの地デジ録画はHDCPというプロテクトを解除しなくてはいけないため、違法行為になります。解除自体はスプリッターなどを使うことで可能ですが違法になりますので絶対にやめましょう。

EzCAP HD サイドバー

そのためにもキャプチャを選ぶ際には多くの端子を搭載したキャプチャボードを選ぶことをオススメいたします。

HDMI

PS4から出力できる映像・音声端子がHDMIのみになりました。それまでのPS3以前はHDMIだけでなく、コンポジットなどのアナログ端子にも対応をしていたので、なんだか時代の進歩を感じぜずにはいられませんが、当サイトでは何度も説明している通り、HDMIはキャプチャをするとなるとHDCPというプロテクトがかかりキャプチャができない場合があります。

game-console-playstation-3-1200184_960_720

…となるとPS4でゲーム映像をキャプチャするときはどうすればいい??って話しになりますよね??

でも、実はPS4ならHDMIでのキャプチャができてしまうんです♪

PS4はHDMIキャプチャが仕様としてできるようになっている

通常、このHDMIでのキャプチャ時にかかるプロテクト HDCPを解除してしまうと、コピーガードの解除行為になってしまい違法になってしまいます。

DVDコピープロテクトの解除と同じ行為になってしまうんですね。

しかし、PS4だとHDCPを解除しても違法にならないんです。

ちょっと言い方に語弊がありますが、PS4はゲーム機器本体にHDCPの解除機能が搭載されているんです。なので、PS4の設定からHDCPの解除設定を行うことでHDMI接続でのキャプチャ録画ができるようになります。

HDCP解除設定可能な機器

最新のゲーム機器にはそれぞれHDCPの解除機能が搭載されているものがあります。

現段階まで確認されている限りで、PS4、XboxONE、WiiUはHDMIキャプチャが可能になっているといわれています。

これらはゲーム機器側がHDCP解除をしているため、違法行為にはなりません。

なぜHDCP解除が可能なのか??

ではなぜHDCP解除が可能なのでしょうか??

これはゲーム実況というものがゲーム業界において利となるということが販売側が認めたということになります。

video-controller-336657_640

ゲーム実況でゲームを動画にしてもらうことによってさらなる販促になると判断したのでしょう。

ただし、HDCP解除はできますが、映像録画自体は15分、さらにはストーリー部分など公開されるとまずいところは自動的にHDCPがかかるようになっているようです。

なので、PS4を持っているユーザーでもキャプチャボードを別途購入する人も多いようです。キャプチャボードがあればHDCPの解除はPS4がやってくれるし、録画に対する規制もありません。

関連記事:HDMIキャプチャボードを選ぶポイントまとめ

まとめ

今回はPS4のHDMIキャプチャ方法について書かせていただきました。

よく勘違いされますが、このPS4のHDCP解除機能はゲーム録画のみです。通常の映画再生にはもちろん適用されません。

キャプチャボードは1つ持っておくことでいろいろな映像機器の録画ができる強みがあります。ぜひ検討中の方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

HDCPHDMI

ゲーム実況録画などをやる上で録画に一番気になるのが遅延です。

つまり、録画中にゲームプレイ映像と録画保存映像に若干のラグが発生するわけですね。これがあるとマイクを別撮りしてるときなんかは、しっかりいいタイミングで音声と映像がかみ合わなく、あとで編集する羽目になります。

そうならないためにもPCレスのキャプチャボードをおすすめします。

PCレスキャプチャボードのいいところ

PCレスキャプチャボードとは言葉の通り、PCを使わずにキャプチャボードのみで映像を録画できるキャプチャボードのことを指します。映像の保存はキャプチャボード本体に接続するUSBや外付けHDDなどで行います。

結局のところ、ゲーム実況を行う人は録画後に映像を編集することが多いので、PCを使うことになりますがPCレスキャプチャの恩恵はあります。

PCスペックがいらない

PCに映像録画ソフトをインストールするタイプだとPCスペックなどによってはラグが発生します。この映像の遅延は普通にやってる分にはあまりイライラしませんが、音声を入れたり、リズムゲームなどを録画してる場合はかなりイライラするはずです。

PCレスタイプはラグがないものを選べば、パススルー先の映像と録画保存映像を正常に遅延なしに楽しむことが可能です。

また、PC自体を必要としないため、対応ソフトがすくないMacユーザーにも使える他、スマホしか持っていない方にもゲーム録画を可能にしているのがPCレスタイプです。

映像はどこで見るのか

PCレスタイプの場合、PCに映像を映して録画するわけではないので、映像はパススルー先のモニターやテレビで視認します。

通常のゲームプレイ接続の間にキャプチャボードを挟んで接続する、という感じです。

PCレスタイプのおすすめ

PCレスタイプのおすすめHDMIキャプチャボードとして当サイトで紹介しているのがEzCAP HDです。

EzCAP HD ブログ素材

EzCAP HDは本体にマイク入力端子が搭載されているため、マイク入力も録画時に同時に保存が可能になっています。これによりマイクを別撮りする必要がありません。

また、コンポーネント、コンポジット入力にも対応しているのでHDMIでHDCPが掛かった場合やレトロゲーの映像保存にも対応しています。

EzCAP HDはUSB保存だけではなくSDカードへの保存にも対応しています。MP4で直保存なので、そのままスマホに移動することも可能です。

さらに、PCにソフトをインストールして録画ソフトで録画することも可能になっています。テレビやモニターがない人はこれで録画が可能です。

>>>EzCAP HDの公式サイトはコチラから

HDMI

game-console-playstation-3-1200184_960_720

HDMIキャプチャのようにキャプチャボードを使って映像をキャプチャする方法は昔からありますが、この方法が人気になったのはゲーム実況にあると思います。

動画サイトの普及とともにゲームを実況する人が増えてきて、それがキャプチャボードでの映像録画方法を認知させたといえます。

現在、販売されている最新型ゲーム機器PS4にはゲーム実況の録画機能が搭載されています。しかし、15分の録画やストーリー部分は録画できないなどの規制もあるため、キャプチャボードを使う人も多くなっています。

今回はその前の型であるPS3でのキャプチャ方法について話します。

PS3でのHDMIキャプチャ方法

game-console-playstation-3-1200184_960_720PS3にはPS4のように映像録画機能が搭載されていません。そのため、PS3でゲーム実況を行うにはキャプチャボードを使う必要があります。

幸い、PS3にはすでにHDMI端子が搭載されていますので、HDMIでのキャプチャが可能です。しかし、PS3にはHDMIにかかるプロテクトHDCPを解除する機能が搭載されていません。PS4にはこの機能が搭載されています。

関連記事:HDMIキャプチャボードを選ぶポイントまとめ

HDCPでHDMIキャプチャができない

PS3とモニターをHDMIで接続してゲームをすることは問題なくできます。というより、ほとんどの人がそうやってプレイしてるはずです。

しかし、ここにキャプチャボードを挟むとHDCPが働き、映像が正常に映らなくなり、また録画もできません。HDCPはHDMIキャプチャをする上で避けずには通れない壁なのです。

じゃあ、どうするか??

PS3ゲーム実況者の中でもあきらかにHDMIでキャプチャをしている人がいます。彼らはどうしているのかというと、キャプチャボードとゲーム機器の間にスプリッターをかませています
このスプリッターとは映像を2方面に出す働きがあるものなのですが、これで同時にHDCPを解除しているのです。

もちろん、HDCPの解除行為は著作権法に違反します。違法行為です。ですので、当サイトではその使い方などを説明することはできませんが、ゲーム実況者の多くがやってる方法ではあります。

これ以外の方法としてはコンポーネントでの録画をするやり方があります。この方法はアナログでの録画になりますが違法行為ではないので安心して録画ができます。

PS3には専用のコンポーネントケーブルがあるので、それとキャプチャボードを接続して録画が可能です。

コンポーネント接続でのキャプチャ録画

P1380560コンポーネントでのキャプチャはアナログといってもHDMIでのキャプチャと遜色ないほどの画質を出すことが可能です。コンポーネントはアナログでも1080の解像度出力に対応している優秀なアナログ端子になります。

もしPS3でコンポーネントキャプチャを試す場合にはコンポーネントに対応しているキャプチャボードで録画をする必要があります。HDMIキャプチャボードの中にはアナログに対応していないものがけっこうあるのでキャプチャボード選びのときは対応端子の数もチェックしなくてはいけません。

>>>HDMI・コンポーネントに対応しているキャプチャボード EzCAP HD

まとめ

2016年現在、時代はPS4に移り変わりつつありますが、それでもPS3のゲーム実況もまだまだ需要があります。

PS3でHDMIキャプチャをするにはHDCPの壁があるので、今回紹介した情報を活かして楽しいゲーム実況動画を作成してみてください。

関連記事:HDMIキャプチャボードを選ぶポイントまとめ

HDMIキャプチャボードは最近、ゲーム実況で有名になりつつありますが、
いったいどんなものなのでしょうか??

HDMIキャプチャボードとは??

例えば、ゲームの映像を録画したいなぁーって思ったら、
その映像を録画する機器が必要になります。

EzCAP HD ブログ素材

それがキャプチャボードです。

キャプチャボードには大きく分けて2種類あり、
PCにキャプチャソフトをインストールして、
PCで映像を視認し、録画するやり方。

もう一つが、PCを使わないタイプで、
キャプチャボード搭載のボタンを押して録画開始/終了というやり方
です。

PCキャプチャソフトの場合は、
細かい録画の設定などができるメリットがあります。

逆にPCを使わないタイプは、
細かな設定はできない分、PC環境に左右されることなく、
設定や接続も簡単に録画できるメリットがあります。

一般的な接続方法としては…

再生機器(ゲーム機・DVDプレイヤーなど)とテレビ・モニターの間に、
キャプチャボードを挟む形で、
再生機器からHDMI出力された映像をキャプチャボードで録画。
キャプチャボードから出力された映像をモニターに流すという形です。

projector-1102271_960_720

ということは、
録画をしたい映像機器にHDMI端子があることが大前提になりますのであしからず。。。

HDMIキャプチャをUSBで保存しよう!

USB保存型のHDMIキャプチャボードはとても便利です。

なぜなら、PCを使わずに映像を録画することができるからです。

portable-789358_960_720

PCを使うHDMIキャプチャボードは、
PC内で録画用のキャプチャソフトをインストールしなくてはいけないため、
ドライバのインストールなど手順が必要になります。

また、スペックの低いPCですと、
動作が重くなり、録画された動画のラグ(映像と音声が合わなくなる)が発生したりします。

しかし、PCを使うHDMIキャプチャボードにもメリットはある(モニターがない人など)ので、
そこらへんは利用用途によって考えてみてください。

header

ちなみに当サイトがおすすめしているHDMIキャプチャボードEzCAP HDは、
PCを使わずに録画保存はUSBにて保存されます。

しかも、動画としては便利なMP4保存です!!

ezhd_stepimg01

また、PCを使わないHDMIキャプチャボードなので、
映像機器とテレビの間に挟むだけで録画ができちゃいますし、
テレビ側にラグはまったくありません。(2016/1月検証済)

HDMI

当サイトでおすすめしているHDMIキャプチャボード、
EzCAP HD

header

PCを必要とせず、MP4で映像を保存できるキャプチャボードとして、
人気があるキャプチャボードです。

このEzCAP HDの特徴について、今日はまとめてみました。

EzCAP HDの評判・口コミについて

EzCAP HDの評価や口コミについて見てみると…

楽天口コミ

こんな口コミが…ありました。

あれ、EzCAP HDってパソコン使わないんじゃないの??

ってなりますよね?

実はEzCAP HDってモデルチェンジを何度かしてるんです。

この口コミが2014年の12月投稿なので、
このころはPCでキャプチャするタイプだったってことですね。

ちなみに画像を探してみると…

DSC_0170

ありました。これですね。

EzCAP HDの前モデルではPCにソフトをインストールし、
PC側でキャプチャソフトを動かして、録画ができるタイプ
だったわけです。

ちなみにキャプチャボードの多くはこのEzCAP HDのように、
PCにキャプチャソフトをインストールするタイプなのです。

tukaikata23

現在、販売しているEzCAP HDのモデルは完全PC不要なので、
PCの性能に左右されず、録画保存が可能になっています。

まあ、結局、書き込みとかでPCは使うわけですが、
それでも作業にPCを使わないってだけで設定とかが楽ちんですね。

EzCAP HD サイドバー

現モデルのEzCAP HDは、
HDMI、コンポーネント、コンポジット端子に対応しています。

ってことはつまり、これらの出力端子が搭載されているプレイヤーであれば、
いろいろな再生映像を録画できるってわけなんです。

HDMIキャプチャだけでなく、アナログに対応してるのは結構メリットですね。

DSCN6652

また、本体に直接USBを挿して、
MP4で録画できるってのもお手軽感があっていいです。

EzCAP HDのHDMIキャプチャについて

EzCAP HDの口コミでこんなのもありました。

cats1

HDMIキャプチャについて、
録画できないという口コミですね。

コピーガードのない映像しかHDMIキャプチャができないといってますが、
HDMIにかかるコピーガード、HDCPは実はディスクにかかるものではないんです。

これはHDMIの出力にかかるプロテクトのことで、
厳密にいうと、ディスクではなく、再生機器のHDMI出力にかかるものなんです。

EzCAP HDは違法となるHDCP解除の機能は搭載されていませんので、
機器によってはHDMIでの出力ができない場合があります。

これはお使いの機器の取説を一度、参照することをおすすめします。

この場合はアナログ接続のコンポーネントなら、
口コミにもある通り、録画可能です。

この口コミには、コンポーネントがHD画質じゃないと書いていますが、
コンポーネントはアナログでも1920×1080の出力が可能な端子なので、
劣化はあるものの、キレイにとることが可能です。

まあ、HDMIキャプチャをどうしてもしたいという人の多くは、
おそらくHDMI分配器やスプリッターなどを使ってるんだと思うんですけど…

以上、EzCAP HDの評判、口コミについてまとめてみました。

HDCPHDMI

HDMIのキャプチャにはキャプチャーボードを使います。

キャプチャーボードとは

PC本体の中に設置したり、PCのUSBポートに接続して使う外部機器で
キャプチャーソフトとセットで使うのが一般的です。

whatsezcaphd

キャプチャーボードの難点

1. パソコンを扱うスキルがそこそこ必要

例えば、PC初心者ならソフトやドライバーのインストールでつまづきやすいです。
またソフトの扱いが難しかったり、設定が多かったりと、どちらかというと中級者以上向けです。

2. パソコンの性能に依存する

Mac対応のキャプチャーボードは少ないものです。
キャプチャーは結構パソコンに負荷を掛けます。
なのでパソコンの性能が悪ければHDMIのキャプチャもスムーズに行きません。

3. パソコンとHDMI再生機器が近くになくてはならない

パソコンとHDMI出力機器が近くにないとHDMIのキャプチャーができない場合があります。
ノートPCならまだしも、デスクトップPCだと不便ですよね。
テレビゲームのHDMIキャプチャだと余計不便に感じてしまいます。

 

そこでこれらの難点をクリアしてるのが

EzCAP HDなのです。

 

EzCAP HDとは

Main

EzCAP HDはパソコン無しで動作するキャプチャーボードです。
上記のキャプチャーボードの難点を考えるとそれがどれだけ有利なのかお分かり頂けます。

EzCAP HDのメリット

1. 使いやすい・初心者フレンドリー

 

tukaikata23

ソフト・ドライバーのインストール無し。USBをセットしてボタン操作だけです。
専用のリモコンで「スタート」もできるので離れた場所からでもOKです。

2. パソコンの性能に依存しない

MacユーザーもWindowsでも関係ありません。PC使用しませんので。
安定した動作でHDMIのキャプチャができます。

 

3. 使う場所を選ばない

HDMIの再生機器はそのままの場所で、EzCAP HDを設置にするだけでOKです。
テレビゲーム機と画面の間に接続するので、遊びながらキャプチャして使います。

4. 高画質・ゲーム実況も楽々

micin

EzCAP HDは解像度1080p、フレームレート最大60fpsでキャプチャできます。
また音声入力も簡単で、ただ本体にMICを挿すだけです。
ゲーム実況動画を作るときも、難しい音声ミキシングソフトを使わなくていいのです。

EzCAP HDの詳しい情報、ご購入は【公式ホームページ】をご覧ください。

header

 

HDMIがキャプチャできない場合・・・

HDCP

HDMIがなぜかキャプチャできない、映らない・・・
それは「HDCP」というHDMIのプロテクトが原因です。

キャプチャーボードが正しく信号を認識していれば
HDCPの掛かったHDMIはキャプチャできません。

HDCPをOFFにすることができればキャプチャできますが、
不正にOFFにするのは違法行為になりますので絶対にしないでください。

 

HDMIの映像をキャプチャしたいけどどうすれば良いの?

「HDMIの映像をキャプチャしたいのになぜか出来ない・・・」
「HDMIをキャプチャしたいけどやり方がわからない・・・」
これはよくあるお悩みです。

では「なぜHDMIがキャプチャできないのか」という説明に入る前に、
まずは映像のキャプチャ方法を紹介します。

必要なもの:

EzCAP HD
パソコン(※詳細は「動作環境」をご覧ください
HDMI再生機器(※場合によってはアナログ出力端子付きのものが必要です)

下記の方法は「HDMIがなぜかキャプチャできない・・・」時の対応策です。

EzCAP HD 使い方

このEzCAP HDを使った方法のメリットとは:
■ HDMIの映像を解像度1920x1080pでキャプチャできる。
■ 高ビットレート、EVR対応なので画質もキレイなままキャプチャできる。
■ パソコンに掛かる負荷が低い。 
■ 不正コピーになってしまいがちなHDMIキャプチャも、EzCAP HDなら対応策がある!

EzCAP HDの詳細は商品ページで

HDMIキャプチャが難しいと言われる理由


キャプチャとは、電子機器に表示される映像を動画や静止画として取り込むことを指します。
言葉にすると簡単ですが、今までのようなコンポーネント端子やコンポジット、
S-ビデオ端子等から出力された映像のキャプチャを行うのと違い、最新機器に多く使われる
HDMIケーブルから出力された映像のキャプチャを行うのは難しいとされてきました。

HDMIを利用している最新機器の多くには「HDCP」というコピーガードが掛かっていることに加え、
このコピーガードを解除してキャプチャを行う、PCに取り込むことは
”違法”とされているのがその理由です。

 

用途は様々!EzCAP HDだからできるこんなこと

bijiannnai1

ここで紹介するEzCAP HDはHDMIのキャプチャを違法な手段を取らず行うことができ、他にも様々な用途に対応しているにも関わらず、ケーブルで繋げるだけで使えるようになる簡単設定なんです。

高画質動画・ブルーレイも高解像度のまま保存できます!

banzai_boy
EzCAP HDはHDMIに対応しています。
1080p/1080iムービーの取り込みに対応しており、MPEG-2 TS方式で劣化がほぼなくムービーを出力します。

しかしながら、上で紹介したHDCPというコピーガードがかかっている場合、
当然そのままではEzCAP HDでも取り込むことが出来ません。
ではどうすればいいのでしょうか?答えはこれです。

HDMIで出力するのではなく、
高画質アナログと呼ばれる「コンポーネント」で出力することで安全・高画質の録画ができるのです。

様々なメディアプレイヤーに対応できるようHDMIだけでなくコンポーネント端子やコンポジット、
S-ビデオ端子
にも対応しており、解像度1080p/1080iでの高画質での出力が実現できます。



※最新のBlu-rayプレイヤーなど、機器によっては映像のアナログ出力機能がない場合もございます。
アナログ接続をご利用の場合は、事前にお使いの機器の出力機能をご確認いただくことをお勧めいたします

Easyがウリです!繋ぐだけの簡単設定


キャプチャーボードといえば、PCのカバーを開けて所定の場所に取り付けて・・・
そんな認識がある人もまだまだいるのではないでしょうか。

このHDMIキャプチャは、そんな取り付け作業は必要ありません。
USB接続タイプなので、

1:専用ソフトをPCにインストール
2:HDMIキャプチャとパソコンをUSBで繋げる
3:HDMIキャプチャとゲーム機やメディアプレイヤーを端子で繋げる

これだけで録画の準備が整います!

複雑な作業なしでEasyにキャプチャできる、それがEzCAP(イージーキャップ) HDなのです。

通常のキャプチャツールよりコマ落ちしにくい!その理由とは


これまでのキャプチャツールの多くに共通していた仕様として、
取り込むべき映像の再生とキャプチャの両方をツールが行っていました。

これだと、ツール(ソフト)側に大きな負荷がかかるために
録画の際にコマ落ちすることも良くある話でしたが、
EzCAP HDを使えばそんな悩みも解決!!

あくまでキャプチャを行うことに集中し、
再生は各取り込み元のプレイヤーが担うようにしているので、
ツールに多大な負荷をかけることなく録画することができるのです!

プレイ動画やオリジナル動画の作成支援!付属の編集ソフト付き

computer_nekorogaru_woman
高画質動画をキャプチャして終わり、ではありません。
動画作成支援として、キャプチャした動画の編集ソフトが付属しています。

結合や分割、エフェクト機能がついているので、
不要と思ったCMや広告部分をバッサリとカットすることもできますし、
冗長となってしまった部分をカットして繋ぎ目の部分にエフェクトをかけることで、
より完成度の高いゲームプレイ動画にすることもできます。

使い方は、あなた次第でどんどん広がります!

まだまだあります!便利機能

キャプチャービットレートの調整 3000~18000Kbs
スナップショット 可能撮影時間間隔5000mm秒まで、撮影枚数100枚
カラーモード選択 ニュース、ムービー、カラフルモードから選択可能
(その他、ユーザー定義による詳細設定の作成も可)
スリープタイマー機能 アプリ終了、ログオフ、スリープ、シャットダウン
TV上のオン・スクリーン・ディスプレイ設定 フォントカラーの選択も可

今すぐ購入する

PCも不要!?関連製品のご紹介

EzCAP HDはキャプチャした高画質動画をPCに出力するため、
10GB以上の空き容量やCPUがDual Core以上、メモリが2GB以上などのPCが動作環境となります。
(詳しくは公式ページの「動作環境」をご確認ください)

では、PCの容量やスペックに不安のある人、PCがWindowsじゃない人はどうすればいいのでしょうか?

そこで困っている人のため、EzCAP HDと同じく HDMI対応で解像度1080p/1080iムービーのキャプチャができ、
PCではなくUSBストレージに出力・保存するタイプの、「GameCAP HD」という製品も用意しました。



このGameCAP HDは、EzCAP HDと似た機能を持つ別の製品です。

GameCAP HDはH.264/MPEG-4 AVC方式でムービーを出力する仕様となっており、
一度出力した外付けHDDやUSBメモリをPCと繋げることで、
PCの容量やOS、負荷を気にせずに録画できちゃいます。

詳しくは、GameCAP HDの公式サイトもご覧ください。

HDCPHDMI