私がこのサイトで紹介しているHDMIキャプチャっていうのが、
こちらのEzCAP HDという製品になります。

これで何ができるのか、という部分なんですが、
ゲーム機、ブルーレイプレイヤー等から映像をパソコンに取り込むこと、ですね。
しかもHDMIなんで画質的には最高クラスになります。

connection

このEzCAP HDはHDMI以外にもコンポーネント端子にも対応していて、
且つ、どちらの端子を使っても解像度1920×1080で出力してくれるのがgood。

ゲームのキャプチャでもできますし、
ディスクのコピー(地デジを焼いたDVD/ブルーレイも)でも活用できます。

※具体的なケーブルの接続方法については
こちらの記事(HDMIキャプチャ接続方法)を参照ください。

同じようなツールは他でも販売されているようですが、
単品価格はEzCAP HDのほうがやや安いですし、
ケーブル類も全部セット、更にサポートまでついているので、
機械に疎い人も利用しやすいでしょうね。

キャプチャカード、キャプチャボードは使用用途によってわけると
ホント価格も品質もピンキリなわけですが、
いいと思って買っても外れを引いてしまったりと失敗も多いのがこの分野の商品だと思います。

実際に自分のパソコン、環境で動作させてみないと・・・

っていうのがどうしてもあると思います。

そんなHDMIキャプチャでの大きな失敗が、
1080対応と書いていあっても、出力が1080ではないHDMIキャプチャ(^^ゞ

いやいや詐欺でしょ?と感じましたが、
そういうキャプチャカードもあるみたいです。

だいたい数千円とは言え、これほど無駄な投資はありませんね。
そういう失敗を重ねて賢くなれると前向きに考えられればいいですが・・・

ちなみにHDMI対応のキャプチャボードを使うと
ホントにいろんなことが出来るようになります。

入力、出力ともに1080pには対応していることが条件ではありますが、
ゲームが高画質で録画できたり、ブルーレイのコピーもできるようになります。

またDVDでも信号の掛かっている地デジ系のものも扱えます。

HDMIに対応したキャプチャツールって、
色々なことが出来てしまうんです。